2017年09月19日

続・ベタぼれはどっちだ?

空です。こんばんわ。

今朝の記事に対して
「どっちが惚れてるかって話があまりなかった。
 空さんが、どっちが惚れているか、を
 どんな風に捉えているのか知りたかった」

と、陽ちゃんからクレームを頂いたので、
こーやって続編を書いているわけだけど

長くなりそうな雰囲気まんまんだけど。。。

大丈夫?


そもそも”ベタぼれ”しているなんて、
自分では分からんのだよ!

とクレームを跳ね返したら、
「確かに~」
とゆる~く返ってきた。

なんなんだ、まったく。


どっちが惚れているかなんて分からないものだ。


そんなこと言ったら

今朝、陽ちゃんの
「まだ恋だなぁと思った」
ってLINEはなんだ?

恋じゃいかんのか?

と聞いたら、
「3年も経つのにまだドキドキする」
って、、、





こっちがドキドキするわー!




先週末、フォロワーさん宅へ遊びにいって思ったこと。

(ここから”某”フォロワーさんの素性がばれてしまう可能性あるけど、ご了承を!事前に謝っておきます。すいません!これはあくまでワタクシ空の個人的意見なので、くれぐれもそこらへん何卒。)


”某”フォロワーさん。
Aさん、Bさんとしましょう。

お二人ともステキな方々で、
二人とも我々をかわいがってくれます。とても。


で、でもね。


なぜか、可愛がり方が違うの、、、。

Aさん「陽ちゃんの言葉は信用できる!
    空さんの言葉より1.5倍は信頼性高い!」
空  「…ま、まじっすか?」
Aさん「うん!」
陽  「(笑顔~)」
空  「いやいやいや!
    それは無いでしょ!
    普段は、、、。旅行の時は、、、。」
Aさん「え~、空さん。
    自分の彼女が褒められているのに
    そんなこというなんて心が小さ~い」
空  「(が~ン。。。)」

か、可愛がって貰ってます。


でもやっぱり褒めてもらいたい!

空「陽ちゃんは6コも年下なのに、
  仕事の話してもダメだしするんですよー
  会社の後輩だったらありえないですよ!」

と、またまた塩粒のような小さいことをいう空。

Aさん 「。。。」
陽ちゃん「しょぼん、、、、」
Bさん 「(あ~あぁ、、、)」


すいませんでした。
すいませんでしたよ!
私が悪かったですよ!!
酔っぱらった勢いで
生きがったことを言ってしまって。。。
褒めて貰いたかっただけなの。
大人げないこと言ってすいません。


本当は
6コも年下だけど年齢とか関係なく、
ヒトとして尊敬してます。

こんなこと言っておいて
仕事も家のこともがっつり相談にのってもらっていて助けて貰っているのに…
ごめんなさい!

一見、社交性がありそうだけど
根暗でインドア、他人との交流を避ける私が
本当の”家族”と呼べるような関係性になれたのは、
陽ちゃんのお陰でしかないと思っています。


そーなんですよねぇ。
彼女は6コも年上なのに
私を甘やかしてくれるんです。

絶対的な安心感。



だ、だよね。

陽ちゃんの方が大人じゃ~ん
って思うでしょ?

仕事場でもそー思われているんだってー。
(←へぇ~~~。)




話を戻して…

お邪魔したフォロワーさんカップルの
やり取りを聞いていて思った。
そのひとつひとつに思いやりがあって、
なんだかとてもほわほわした。

年下の私が言うのも生意気なんだけど、
可愛らしくてね。
あーゆー風に歳を重ねていきたなと思いました。

私には”ベタぼれ”の定義?
は分からないけれど
フォロワーさんカップルのお二人も
どっちが惚れている、というわけではなく
お互いが惚れ合っている、と感じたわけです。


愛情表現の仕方や、
長年つれ添っていても
「あっ、かわいーな。」と思う瞬間があって、
それも
それぞれ違っても
お互いが日々そーいった部分を
感じながら生活している

だからお互いが惚れ合っているのかな
と感じたのだと思う。



なんだか、
まとまりのない記事になってしまったし
私にはよく分からないけれど、
お互い「ベタぼれやなぁ~」でよいかと思った。

だって、
周りからどんな風に見えているかなんて分からないし。

大事なのはふたりだから。




いつまでも惚れ続けるし
惚れていてほしい。





もし気持ちが途切れてしまった時は
また惚れ直させるよ。




だってあなたは人生で一番頑張って手に入れて恋人だから。




にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



kateee0928 at 20:11|PermalinkComments(0)空ノート | Life×Life×Life

ベタぼれはどっちだ?

空です。

次は
スペインからパリへ列車で渡る国境編
をお伝えしようと思いながら
日々の生活に追われ
気づけば「あれ…いつの話?」くらい
月日が経ってしまいました。

て、ことは旅日記の続きか?
と思いつつ、、、すいません。


旅日記はまたゆっくり書くとして←
今日はあるフォロワーさん宅へお邪魔しました!
てお話。


感じたこと
考えたことは
忘れてしまう前に
記録しておきたいので。


さてー!
この三連休を利用して
フォロワーさんカップル宅へお邪魔してきましたよ\(^-^)/


本当は川遊びの予定だったんだけど、
台風の影響で…。

今年はせっかく買った水着の出番もなく
夏が終わろうとしてます(´・ω・`)



どーせ雨で外に出れないなら
飲んだくれよーぜぇ!てことで

急遽ご自宅へお邪魔することに!

MOLDIV



絶品料理の数々を頂戴し
呑んで食べて話して
食べて呑んで話して
気がつけば台風はすぐそこまで、、、。

お言葉に甘えて泊めさせて頂きます。

至れり尽くせり♪

優しい…。


いつも如く
記憶にないところも
所々ありそうですが(^^;



お話した中でちょいと気になった話。

『どっちがベタぼれか?』


最近、同棲し始めた我ら。

同棲すると変わる?とか
付き合って何年経った?とか
長年付き合ってると空気みたいな存在になるとか
同棲するとセックスレ、、、おっと。

そんなこんな話をしてるなかででた話題。


もともと好き同士で付き合い始めた二人でも
時間や環境が変わることで
関係性も変わるもの。

もっと前はただの他人。

そんな二人が両想いになって付き合うことだけでも奇跡的なこと。

更に一緒に生活していくって色々と大変なことがある。
お互いに思いやる気持ちが大切だし
時には我慢も必要だし。

陽ちゃんは『空さんは私に甘い』と
言うけれど、
それは惚れた弱味ってやつ。




我々の場合、

「ベタぼれ」してるのは

やっぱり
ワタシ空なんだろうか。。。




周りからはどのように見えているのかな???



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



kateee0928 at 07:59|PermalinkComments(0)空ノート | Life×Life×Life

2017年09月06日

トマト祭り、カオス体験。

陽です。
無事帰国しました!

旅行中に更新するぞ!と息巻いたものの、
すっかり遊んじゃいましたね。。。笑
旅行記、振り返りながら更新していきます。

今回は、スペインでトマト祭りに参戦したお話。

「トマト祭り」
スペイン語で ラ・トマティーナ。

[画像:d9adfff7-s.jpg]

昔から、学生の頃から、このお祭りに参戦するのが夢だったんです!

死ぬまでに一度でいいからやってみたかった!

空さんと2人で行ってきましたよー!
当日は大雨警報出てたんですが、空さんの晴れ女パワーで曇りまで持ち直しました。笑

[画像:ac742e1d-s.jpg]


場所はバレンシアの隣、ブニョールっていう小さな村。
ここに世界中からトマト投げたい阿呆どもが5万人集まるとか。

テレビとかで何度か放送されてるので、
結構有名なお祭りですかね。

実はこれ、午前中で終わる短いイベントなんです。
トマト投げてるのはほんの1時間。


村は朝からお祭りムードで。
ブニョールの住民が家から観光客に水かけてきます。笑

兄ちゃんたちがベランダからバケツで、
ちびっこはホースで、
小綺麗なおばちゃんもバケツで、

『これ朝ごはんだからやめてー!』
『まじかよ!寒いー!』
みたいな悲鳴が方々で起こってました笑


[画像:1f9e5099-s.jpg]

こんな紳士にも水かけられて、
なんかもう笑うしかない。楽しい。

どこの国かもわかんないくらい、
いろんな世代、人種が集まってました。

カタコト英語でなんとなくコミュニケーション。

11時頃に開始の合図!ピストルが鳴ります。

民家の屋上からトマトが降ってきます。
トマトを載せたトラックが狭い通りを抜けていきます。
荷台からさらにトマトを放出。


[画像:93f8c046-s.jpg]

いろんなとこから飛んでくるんだけど、
トマト、普通に痛い!!

潰してから投げるのがマナーなんですって。

満員電車以上の人が押し合い圧し合い、トマトを投げ合い。

人混み苦手な人にとっては阿鼻叫喚の地獄絵図でしょうが…、

そんなの承知の上でトマト投げに来てる愉快な人たちはみんな楽しげでした。

[画像:16c03e06-s.jpg]


ひたすらトマト投げまくって投げまくって、さくっと1時間で終了。

終了後は道路が真っ赤でした。


[画像:617657d3-s.jpg]

これが撮影スポットなんですってね。


終わったらサクッと頭洗って、
ツアーのバスに戻って着替え!

普段はほとんどツアー使わないんですが、
トマト祭りに関しては荷物置き場・更衣室としてバスが使えるツアーが有能ですね。



ほんとに夢が叶いました。

空さんと付き合い始めた頃、
どんなところに旅行してみたい?という話題でトマト祭りのことを話しました。

それを覚えてくれてて、今回スペインを旅先に選んでくれました。

空さんの勤続10年旅行なのに。

やっさしー!!


"空さんと"叶えるってことが嬉しいんですよ。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村